ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年10月07日

インスタント沼

インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]

<あらすじ>
担当していた雑誌が休刊になり出版社をやめることになった編集者の沈丁花ハナメ。好きな男にも振られ、ドロ沼のようなジリ貧人生をやり直そうと身の回りの荷物を処分した矢先に衝撃の手紙を発見。そこにはハナメの実の父親が「沈丁花ノブロウ」という全く知らない男だと書かれていた。あわてて母親に聞いてみるが、母親は河童を探しに行ったとかで池に落ち病院に運び込まれてしまう。母親を見舞った後、事実を確かめようと、手紙を頼りに「沈丁花ノブロウ」を訪ねる。しかし、そこにいたのは“電球"と名乗るうさん臭い骨董屋「電球商会」の店主だった。


テレビドラマシリーズ『時効警察』の三木聡監督作品。
・・・と言っても
『時効警察』は、CSでたまにちょっとだけ観ただけ。
特に思い入れはないが
なんとなくおもしろそうだったんで観てみました。


それに・・・

風間杜夫さんが出演してるもんねハートたち(複数ハート)


最初のシーンから奇妙でした。。。
いきなり作品の世界に引き込まれた感じ。

登場するキャラも強烈。。。

んぅぅ…インスタント沼のオチが 納得できない。


でも
「人生うまくいかない時は水道の蛇口をひねれ」
この話は結構イイかも。


話がぶっとび過ぎて、私はついていけない。。。
ただ なぁんとなく 観終わった後
ポジティブになれるのは、なぜなんだろう。

不思議なおもしろさのある作品でした。






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。