ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年10月11日

Magic Soap



ここ数年 我が家の風呂場に
常備されているのがマジックソープ

某TVショッピングで
メイクも落とせる洗顔料 として
購入したのがきっかけです。

それだけではなく
ボディソープとしても使える んですヨ。

メイクも落とせるだけあって
ボディもかなりスッキリとした洗い上がり。
でも、潤いがなくなるわけではないから不思議。

なにより 天然成分 だけ使っていて
香りもいいのですよ。


我が家は
ローズ、オレンジシトラス、ペパーミント
の3種類を
気分に合わせてチョイスしてます。


サイズもいろいろですが
おすすめはガロン(3776ml)です。



風呂場で、顔から体まで一気に洗えるので
楽ですよ。
香りに癒されちゃってください。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Something New | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

カンナさん大成功です!

カンナさん大成功です! 特別版(2枚組) [DVD]

<あらすじ>
身長169cmにして体重95kgという体格のカンナの基本スタイルは上下スウェット。楽しみといえば豚の三枚肉を食べることで、馴染みの占い師にも「お前に取り柄があるなら教えてくれ」と言われる始末。だが、そんなカンナにも人並み以上の才能があった。誰もが聞き惚れる美声と天才的な歌唱力。その取り柄を活かし“影の歌手"、ゴースト・シンガーとして活躍していた。顔とスタイルは抜群だが、歌はまるでお粗末なスター、アミの舞台裏で、彼女の代わりに歌を歌っているのがカンナなのだ。スポットライトの当たらない場所ではあるけれど、その時だけは想いを寄せるプロデューサー、サンジュンをモニター越しに眺めることができる。自分が“特別"になれるその瞬間、それだけでカンナは満足だった。ひたすら現実から眼を背け、自分の殻に閉じこもって暮らすカンナであったが、サンジュンの誕生会で彼の本音を聞いてしまう。「カンナには才能はあっても美貌はない。憐れんで放っておけばいい」。カンナは絶望の渕を彷徨った果て、全身整形という壮絶な決断をする。テレクラで知り合った美容整形医を脅し、大手術を決行。


『劇場版 カンナさん大成功です!』に
ガッカリした後だったので
特に期待もせずに観てみた。

こっちのほうが断然おもしろかった。

鈴木由美子の漫画が原作になっていたが
全くの別物と考えた方がいいみたいです。

恋愛、親子愛、友情、成功、ねたみ などなど
いろいろな要素が丁寧に描かれていて
すげぇ〜な韓国映画って 思っちゃいました。

最後もとっても微笑ましいエンディングだったし…
いやぁ〜ホントに よかった よかった。


キム・アジュン 綺麗で 歌もGood でした。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

劇場版 カンナさん大成功です!

カンナさん大成功です! プレミアム・エディション [DVD]

<あらすじ>
神無月カンナは、ブスのせいで幼い頃から“カンナ菌"、“ブタゴリラ"などと、いじめられっ放しの人生を送ってきた。大人になってアパレル企業・亀戸商会の縫製工場で働くようになってもそれは変わらない。だがある日、大失敗をしたカンナに優しく声をかけてくれる男性が現れる。営業部員の蓮台寺浩介。その姿に一目惚れしたカンナは、浩介の恋人になることを夢見て、貯金をはたいて全身整形に挑戦。見違えるような美人に生まれ変わる。こうして、浩介に近づくためにカンナは工場から受付嬢に転身。


原作は『白鳥麗子でございます!」の鈴木由美子。
それならば…きっとおもしろいはず!!
と、意気込んで観たものの・・・
結果は…かなり期待外れでした。

前半、つまらなくて思わず寝てしまいそうでした。

なんだろなぁ…
ブス時代のイジメの回想シーンなんかは
クレイアニメーションなんかを使って
それなりに工夫は観られるんだけどネ。

何かと説得力にかけるというか…。

例えば、『受付嬢』に少々強引なやり方でなったのに
ほとんど仕事をしてる感じもない。
普通で考えると
受付の同僚や先輩にヒンシュクをかうんじゃないかと思うのに
なぜか最後は受付の人達から応援してもらってたりして…。
もうちょっと何らかのエピソードがあってもいいんじゃない?

まぁ 一事が万事です。


柏原崇を久しぶりに観たけど
こんな仕事(役柄)もやるんだぁ…。
ちょっとガッカリ。


久々のガッカリ作品でした。



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。