ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年11月16日

陽炎

陽炎 [DVD] / 樋口可南子, 荻野目慶子, 本木雅弘, かたせ梨乃, 岩下志麻 (出演); 佐藤勝 (その他); 奥山和由 (プロデュース); 五社英雄 (監督)

<あらすじ>
抜けるような真夏の下、見事な菩薩の刺青を背にする洗い髪の女がいた。女の名はりん。女胴師である彼女を人は“不知火おりん"と呼んだ。ある日、大阪の難波政組の依頼を受けてそこに向かったおりんは、偶然義弟の市太郎に出会う。両親亡き後、若旦那として熊本・二本木の料亭・八雲を切り盛りしているはずの市太郎だったが、今や岩蔵が率いる岩船一家に店を乗っ取られ、博奕打ちと芸者が徘徊する色と欲の悪臭に満ちた場に成り下がっていた。そして、おりんは二度とまたぐことのないと思っていた八雲の敷居に足を踏み入れた。



五社英雄監督の作品。

コテコテの任侠映画であります。
非常にわかりやすい。

任侠映画のイメージのない樋口可南子が主演。

だからだったのか、公開当初この映画を観たときは
何か物足りない感じがした。
でも、今回改めて観てみると…
なかなかイイんですよ。

樋口可南子が凛々しい!

悪役の白龍も若いし 細い!

ラストの立ち回りは迫力がある。

なんで それが当時わからなかったのだろう。。。
改めてそれが悔やまれる。


しかし、五社英雄監督が亡くなった後
2、3、4と続編は製作されるのだが
主演はなぜか高島礼子。
全然イメージが違っていて
あんまり観る気がしないなぁ・・・。


最後に一言。

往生しなっせっ!


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

鬼畜

鬼畜 [DVD] / 岩下志麻, 緒形拳, 蟹江敬三, 田中邦衛, 大竹しのぶ (出演); 野村芳太郎 (監督)

<あらすじ>
竹下宗吉と妻、お梅は川越市で印刷屋を開いていた。宗吉は小金が貯ったところで、鳥料理屋の菊代を囲い七年間に三人の隠し子を作った。おりあしく、火事と大印刷店攻勢で商売は凋落した。手当を貰えなくなった菊代は、利一(六歳)良子(四歳〉庄二(一歳半)を連れて宗吉の家に怒鳴り込んだ。菊代はお梅と口論した挙句、三人を宗吉に押しつけて蒸発した。


原作者の松本清張が実際に起きた事件を元に
書き下ろしたお話です。

子供を捨てる親なんて・・・酷過ぎる!

でもサっ 最近は珍しいお話ではなくなっているので
別の意味で悲しい。。。


岩下志麻が正妻で
小川真由美が愛人なんて
キツいタイプの女性が好みなんだネ。

緒形拳もさすがにウマイ!


ただ…子役はあれでいいんかい?
セリフ棒読みでイマイチ感情移入できなかったナ。


名作だけど、かなり重い作品でした。






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。