ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年07月12日

つかこうへい逝く



舞台演出中でありながら
緊急入院を強いられた時から
ヤバイんじゃないかと思ってはいたが…
現実として目の前に叩きつけられると
やっぱり信じられない。。。


つかこうへいを知ったのは
映画『蒲田行進曲』であった。
蒲田行進曲 [DVD]
あまりに極端な性格の銀ちゃんのインパクトが強すぎました。


つかこうへいにハマったきっかけは
TV番組『つか版忠臣蔵』でした。
『蒲田行進曲』が当たったので
TV東京が年末の紅白の裏番組として制作。
当時、まだ無名であったつか劇団のメンバー
萩原流行 石丸謙次郎 岡本麗 長谷川康夫 高野嗣郎 など
強烈な演技に驚きました。
DVD化されていないのが残念…。

また、忠臣蔵の話をこんな形でアレンジする創作力の
凄さを見せつけられました。
ハードカバーの原作を買って読んで
改めて感心したものでした。


近くの大学の学祭で、講演した時も見に行きました。
タイトルも、話した内容もよく覚えていないが
「間近で つかこうへい を見た!」っていうのが
妙に嬉しかったのを覚えている。


舞台は2回見ました。

1回目は「熱海殺人事件」
つかこうへい劇団で静岡県出身の鈴木聖子が
主役の女・木村伝兵衛を演じた舞台だった。
普通の(?)木村伝兵衛を観たかったのが本音だったが
つかこうへいの舞台が生で観れることで
そんなことは吹っ飛んでしまった。

2回目は草なぎ剛主演の「蒲田行進曲」
SMAPファンが多くて、そこが少々イヤだったが
なんてたって「蒲田行進曲」ですからネ。
行っちゃいました。
ストーリーにいろんな社会問題も盛り込まれていて
改めてびっくりした。


話の展開、セリフ
中には過激な毒々しいものもあるが
その本質には人間の弱さや強さが見え隠れしている。

演出では
心から絞り出すような 叫ぶようなセリフの言いかたが
私は大好きだった。


私のブログの訃報記事のタイトルによく使う「逝く」は
『蒲田行進曲』の続編『銀ちゃんが逝く』から
拝借したものです。


つかこうへい氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つかの作品は、なまでみたことないけど、
熱殺の戯曲は読んだことあります。

つか舞台に出た人って、うまい人が多いなと思う。

もう少し活躍して欲しかったです。
わかいよな。
Posted by zakuro at 2010年07月13日 13:04
◆zakuro様へ
まだ早すぎます。
もっともっともっと
本を書き、脚本を書き
舞台演出もバリバリにやって
良い俳優さん達を排出して欲しかったです。

とっても残念でなりません。
Posted by Mondo at 2010年07月14日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。