ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年10月03日

サトラレ

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]

<あらすじ>
乖離性意志伝播過剰障害者、通称“サトラレ"とは、自分の心が喋らずとも周りの人々に“悟られ"てしまうという、不思議な能力を持つ人のことである。1000万人に1人という確率で存在する彼らは、同時に例外無く想像を超える天才的な知能も有していた。だが、彼らは自分がサトラレであることは知らない。もし、自分がサトラレであることを知ったら、生きてはいけないからだ。そこで、政府は特能保全委員会を設置し、サトラレがサトラレであることを自覚しないよう徹底的に保護していた。飛行機事故で両親を亡くした健一も、そんなサトラレのひとりだ。


本当に『サトラレ』がいたら大変だよなぁ…。

話に多少無理があるものの
なかなか良いお話でした。

主人公のおばあちゃんに対する想いが
伝わってきて
涙がとまりませんでした。。。

安藤政信が役にピッタリだね。

ただ・・・
おばあちゃんの手術のところは
ちょっと大げさだった。。。

まるで『踊る大捜査線』のようだ。

などと思っていたら
監督は『踊る』の本広克行監督だったんだね。
どおりでネ。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。