ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年08月18日

トンマッコルへようこそ

トンマッコルへようこそ [DVD] / シン・ハギュン, チョン・ジェヨン, カン・ヘジョン (出演); パク・クァンヒョン (監督)

あらすじ: 1950年代の韓国で、米国空軍のパイロット、スミスの飛行機がトンマッコルの村の近郊で墜落した。村人たちの手厚い手当てを受けていると、そこに韓国人兵士のピョらがやって来る。するとまたそこに村の少女ヘイルに案内された人民軍の兵士リらが現れる。敵対する兵士たちが鉢合わせとなり、その場は一触即発の危機に陥る。


戦争映画は大嫌いなくせに
公開当初、TV番組で高評価だったので
観てしまいました。

韓国映画というのもあってか
かなり残虐な表現もありましたが
「本当に戦争映画?」と思ってしまうくらい
ファンタジックな作品で
少々驚きました。

朝鮮戦争という重い題材でありながら
コミカルで 幻想的で のどかで
とても観やすい内容でした。

特におもしろかったのは
「イノシシ退治」のシーン。
VFXを駆使して、笑えるシーンに仕上がってます。

敵味方の境を越えた男たちの友情に感動です!!

ラストの悲しさ 空しさが
映像の美しさで より伝わってきます。

監督はパク・クァンヒョン。
この作品以降、撮っていないようですが・・・
この名前 憶えておきましょ







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287168117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。