ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年09月17日

桐島、部長やめるってよ



あらすじ: とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。

観てから一週間以上経ってしまっています。

全く知識もなく
ただ監督が吉田大八だということだけで
観てしまいました。

「金曜日」という文字が映し出され
また、改めて「金曜日」という文字が映し出される。

最初は全く意味がわからなかったが
ちょっとすると
同じ時間の流れが
各登場人物の視点で
撮られていることに気がつきました。

それに慣れるまでが、とても違和感があって
なんじゃこりゃ!? などと思ってしまいました。


うぅぅん・・・難しいぞ こりゃ。。。

多感な高校生達の微妙な心の動きが
描かれていましたが
あまりに 微妙 過ぎて・・・
観る人によって かなり捉え方が
異なりそうな感じがしました。

ラストの菊池君の涙のわけが
何だったのか
私には理解できませんでした。

メジャーな俳優があまり出演していないのは
とても効果的だったとは思います。

吉田大八監督は
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観て
おもしろい監督だなと思ってからは
「クヒオ大佐」
「パーマネント野ばら」
と、監督の撮った映画は必ずチェックしてました。

しかし、だんだんマニアックというか 難しいというか
あまり万人受けしない作品が多くて・・・

まぁ そこが好きなところではあるのだが
もうそろそろ
わかりやすい作品を撮ってもいいんじゃないか?

とりあえず、今後に期待する。


「桐島、部長やめるってよ」公式サイト
http://kirishima-movie.com/







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

トータル・リコール

トータル・リコール [DVD]

あらすじ: 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工場で働くダグラスは、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。ところが彼はいきなり連邦警察官から攻撃されてしまう。そして自分の知り得なかった戦闘能力に気付き、戸惑いながらも家に帰ると妻のローリーが襲ってきて……。

1990年に公開された
シュワちゃんの「トータル・リコール」のリメイク。
トータル・リコール [DVD] / アーノルド・シュワルツェネッガー, レイチェル・ティコティン, シャロン・ストーン, マイケル・アイアンサイド (出演); ポール・ヴァーホーヴェン (監督)
旧作品は公開当初 かなり衝撃的でしたよね。
内容的にも 映像的にも・・・
何より シャロン・ストーンのセクシーさが
印象的でしたよね。。。

旧作品のイメージを引きずりつつ
今作品を観ちゃいました・・・
ついつい比較しちゃうんですよね。。。

ストーリーは前作と同じところもあれば
だいぶ変わっているところがあったりして・・・

そこを探りながら観る楽しみもしっかりあるんですけど
前作の印象が強烈すぎるので
別モノとして捉えた方が
より面白く観れるのではないかと思いました。

富裕層 vs 貧困層
なぜか貧困層の町の様子がアジアンチックだったのが
個人的には気になってしまった!!


「トータル・リコール」公式サイト
http://www.totalrecall.jp/











ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 18:51 | Comment(3) | TrackBack(2) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

トンマッコルへようこそ

トンマッコルへようこそ [DVD] / シン・ハギュン, チョン・ジェヨン, カン・ヘジョン (出演); パク・クァンヒョン (監督)

あらすじ: 1950年代の韓国で、米国空軍のパイロット、スミスの飛行機がトンマッコルの村の近郊で墜落した。村人たちの手厚い手当てを受けていると、そこに韓国人兵士のピョらがやって来る。するとまたそこに村の少女ヘイルに案内された人民軍の兵士リらが現れる。敵対する兵士たちが鉢合わせとなり、その場は一触即発の危機に陥る。


戦争映画は大嫌いなくせに
公開当初、TV番組で高評価だったので
観てしまいました。

韓国映画というのもあってか
かなり残虐な表現もありましたが
「本当に戦争映画?」と思ってしまうくらい
ファンタジックな作品で
少々驚きました。

朝鮮戦争という重い題材でありながら
コミカルで 幻想的で のどかで
とても観やすい内容でした。

特におもしろかったのは
「イノシシ退治」のシーン。
VFXを駆使して、笑えるシーンに仕上がってます。

敵味方の境を越えた男たちの友情に感動です!!

ラストの悲しさ 空しさが
映像の美しさで より伝わってきます。

監督はパク・クァンヒョン。
この作品以降、撮っていないようですが・・・
この名前 憶えておきましょ







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

エイトレンジャー



あらすじ: 荒廃した近未来都市・エイトシティー、ヤミ金の取立て屋に追われる横峯誠が襲われようとしていたとき、初老の男に救われる。後日、男を訪ねた横峯はさまざまな境遇の6人の青年を紹介され、テロリスト「ダーククルセイド」に牛耳られた町を守るヒーローとして戦わないかと誘われる。やがて真のヒーローであるキャプテンシルバーとの出会いが、7人の青年たちの運命を変化させていく。

久々にアイドル映画を観ちゃった。
関ジャニ∞は、同僚にファンがいて
ライブにも何回か足を運んだことがあったので
とっても馴染みがあります。
そのライブ恒例のエイトレンジャーの映画化となれば
観ないわけにはいきません!!

でも、だいぶイメージが違ってました。


監督は堤幸彦。
ケイゾクやトリック、SPECなどの監督さんなんだけど
独特なギャグセンスは
ときどきついて行けない時があります。

「主演:関ジャニ∞」というより
「主演:横山裕」という感じ。

お気に入りのヒナちゃん(村上信五)の登場が
イマイチなのが気に入らないけど・・・
まぁ そんなのはいいんです!!

続編が作れそうなエンディングに
ほんの少々期待します。

アイドル映画だしぃぃぃ・・・


「エイトレンジャー」公式サイト
http://www.eightranger.com/





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ヘルタースケルター



あらすじ: トップモデルとして芸能界の頂点に君臨し、人々の羨望と嫉妬を一身に集めるりりこ。だが、その人並み外れた美ぼうとスタイルは全身整形によってもたらされたものだった。そんな秘密を抱えながら弱肉強食を地でいくショウビズの世界をパワフルに渡り歩く彼女だったが、芸能界だけでなく、世間をひっくり返すような事件を引き起こし……。

多分、私は監督の蜷川実花があまり好きではないようだ。
確かに芸術性の高いカメラマンなんだろうとは思うのだが
どのシーンもこだわりが強すぎて
観ていて クドイなぁと思ってしまう。

前作の「さくらん」もかなりヒドかったけど
今作もかなりクドかった。
まぁ 現代劇だったんで その分 観れるかな・・・。
さくらん [DVD] / 土屋アンナ (出演); 蜷川実花 (監督)

沢尻エリカはもちろんのこと話題性の高い出演者が多い。
それはそれで見応えはあるんだけど・・・。
それが、なんだか もったいない 感じ。

放送禁止用語は映画ではOKなのかな?
そりゃ R15 ですよね。

「ヘルタースケルター」公式サイト
http://hs-movie.com/




ただ・・・
全然関係ないけど
劇中に使われた音楽「蛹化(むし)の女」を聴いて
戸川純が聴きたくなった。




ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

アメイジング・スパイダーマン

androidapp/706120711221926-1948390233.png

あらすじ: 高校生のピーター・パーカーは両親が失踪した8歳のときから伯父夫婦のもとで暮らしていた。ある日、ピーターは父リチャードの共同研究者だったコナーズ博士のもとを訪れ、研究室で特殊なクモにかまれてしまう。その直後、ピーターの体には異変が起き……。

実は観てから1週間くらい経ってしまった。。。

スパイダーマンというと
前作のシリーズがあまりにも印象が深くって
リメイク モノだと思うと
なかなか観る気になれなかったんですが
いろんなレビューなどを見てみると
意外と高評価だったりしているので興味を持ちました。

「苦悩するヒーロー」
前シリーズは暗く
なんとく救われない感じがして
好きではなかった。

しかし、本作品はベースとなるストーリーは変わらないが
少しだけ明かるい内容が盛り込まれてる。
それはそれで良かったと思えるのだが
「それじゃ スパイダーマンじゃない!!」
などと思ってしまう自分がいました。

でも、主人公を演じたアンドリュー・ガーフィールドは
スパイダーマンのイメージにあっていると思いました。


こういう特撮映画でいつも思うけど
VFX技術の凄さに驚かされます。
どこまで進化し続けるんでしょうか?



少しだけネタバレしますが・・・

「蜘蛛の糸」は体内で生成されんじゃないのネ。
「蜘蛛の糸」バンドは
どんだけ長い糸を生成(収納?)できんの?

などと 突っ込みたくなってしまいました。


どんだけ ひねくれてんだ! アタシ!!





アメイジング・スパイダーマン 公式サイト
http://www.amazing-spiderman.jp/






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

スノーホワイト

スノーホワイト

あらすじ: とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイトは、一家で仲むつまじく生活していた。ところが、スノーホワイトが幼いころに王妃が事故によってこの世を去ってしまう。大きなショックを受けた王だったが、ラヴェンナという美女に一目ぼれし、彼女を王妃として迎えることを決める。しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナによって殺されてしまい……。

ご存知 グリム童話の「白雪姫」であります。
しかし、この作品はかなり脚色されてました。

1997年の「スノーホワイト」は

かなりホラーチックでしたが

この作品は全体的に暗い印象はあるものの
ファンタジックだったりするので
そんなに怖い感じはしませんでした。

とにかくVFXの技術にビックリですヨ。

何より シャーリーズ・セロンの美しさに魅了されちゃいます。

でも、白雪姫と言ったら
お婆さんからリンゴをもらわないとネ。。。

それ以上は言いません。


「スノーホワイト」公式サイト
http://snowwhite-movie.jp/





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

外事警察 その男に騙されるな

外事警察

あらすじ:東日本大震災の混乱が続く、2011年の日本。原子力関連部品のデータが、某大学の施設から盗み出される事件が発生する。警視庁公安部外事課の住本は、不正輸出にかかわっているとマークしていた奥田交易の社長夫人・果織の経歴や行動パターンを調査。彼女を協力者として取り込む住本だったが、何者かに刺されてしまう。やがて、その襲撃が日本にひそんでいる韓国人工作員から警告であることが判明し……。

約1週間前に観た映画です。
旦那様と映画に行こうかという話になり
私は特に観たいものがなかったので
旦那様が好みで観ることに決定!!

主演の渡部篤郎がTVのバラエティーで
一生懸命 宣伝もしてたしね。。。

・・・とは言うものの
この手の映画は少々苦手だったりします。

そもそもあんまり興味がないんだよね。
案の定 途中で眠くなる始末でした。。。

それでも頑張って観ましたよ。

いろいろ書くとネタバレになってしまいますので
詳しくは書きませんが
かなりわかりやすい伏線がいろいろあります。

「多分、こうなんだろうな…」と思っていると
「やっぱりネ」ってとこがイロイロあります。

しかし、「そりゃ うまく話が出来過ぎだろっ」ってことは
良い意味で なんとなく否定されます。

そこが正に「その男に騙されるな」って感じです。

渡部篤郎のひょうひょうとした感じが
主人公にピッタリあってましたヨ。

NHKのTVドラマの映画版だからだろうか
観客の年齢層が非常に高い気がした。。。。


とりあえず旦那様は良かったと言ってます。


「外事警察 その男に騙されるな」公式サイト
http://gaiji-movie.jp/









ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ダーク・シャドウ



あらすじ: イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバスは、魔女アンジェリークによってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められてしまう。その後、ふとしたことで彼は200年の眠りから目覚めるが、コリンズ家はすっかり落ちぶれていた。バーナバスは、コリンズ家再建を末裔(まつえい)と成し遂げるべく、自らの父の言葉である「唯一の財産は家族」を胸に行動を起こす。

PG12だったので
(小学生の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要。)
かなりホラーチックなのかと思ってました。

多少のグロさはあったが
これくらいなら大丈夫。

ティム・バートン監督と
ジョニー・デップ主演のコンビっていうだけで
観てしまうが
好きな作品は意外と少なかったりします。

ホラーあり
ブラックジョークあり
多少のエロあり
ラブロマンスあり
バンパイア、魔女、幽霊、◯◯女などいろいろ登場。

今回はどれもチョット中途半端な感じがしました。

ホラーなのか コメディなのか ラブストーリーなのか
いずれかの要素をハッキリさせた方が
良かったんじゃないかな?

ジョニー・デップ演じるバンパイアは
いままでのバンパイア像とは違っているのが
とても面白くて良かったです。
やっぱり男というものは誘惑に弱いものなのかしら?
(o^^o)

続編が作れそうなエンディングだったが
さぁて 製作されるのかな???


「ダーク・シャドウ」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows/









ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

メン・イン・ブラック3

image-20120526230945.png

あらすじ: 秘密組織MIB所属のエージェントJとKは、日々異星人の取り締まり追われていた。長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査をいぶかしんだJは直接そのことを彼に問いただす。だが、本人は全然聞く耳を持たず何の情報提供もしてくれない。次の日、本部でJはKを捜していたが40年以上も前に死亡していたと聞き……。

旦那様が大好きな作品で10年振りの新作とあらば
観ない訳にはいきません!!

3Dで観るのは苦手なんだけど
3D上映があるとなると
何故か観てしまうんだな・・・・

いやぁ…10年のブランクは長かった。
ウィル・スミスもトミー・リー・ジョーンズも
当たり前だけど年をとりました。

特にトミー・リー・ジョーンズが・・・

ジョシュ・ブローリンの登場は必然です。


今回は高い所のシーンが多くて
高所恐怖症のアタシは掌に変な汗をかいちゃいました。
(ーー;)

ジョークが比較的少なめで
過去2本の作品と比べると少々異質で
人によっては物足りないかも。。。


さてさて W4Wは製作されるのか!?


「メン・イン・ブラック3」公式サイト
http://mib-3.com/











ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

オーストラリア

オーストラリア [DVD] / ニコール・キッドマン, ヒュー・ジャックマン, デヴィッド・ウェンハム, ブライアン・ブラウン, ブランドン・ウォルターズ (出演); バズ・ラーマン (監督)

あらすじ: 第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた 英国貴族レディ・サラ・アシュレイ。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイと手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年との出会いを通し、徐々に惹かれあっていく。

ニコール・キッドマン主演
バズ・ラーマン監督作品と言えば・・・
「ムーランルージュ」
ムーラン・ルージュ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray] / ニコール・キッドマン, ユアン・マクレガー, ジョン・レグイザモ, リチャード・ロクスボロウ (出演); バズ・ラーマン (監督)
とっても大好きな作品です。

そのコンビで再び製作されたのが、この作品であります。
いやが上にも期待は高まるというものです。

ただ単なるラブロマンスものだと
勝手に決めつけておりましたが
いやぁ それだけではありませんでした。

アドベンチャー的な要素もあり
ファンタジックな感じもあり
ウエスタン調あり
かつ、人種差別問題がからんでいたり
戦争の話があったりと・・・
思っていた以上にテンコ盛りでした。

だからなんでしょうか
上映時間165分
実に長かった!!
映画館で観るのはかなりキツイんじゃないかな?

旦那様が亡くなられた後
すぐに他の男性に心を奪われてしまうのは
いかがなもんでしょう。

「ムーランルージュ」の華やかなイメージが強かった分
チョット残念な感じ否めません。


バズ・ラーマン監督の次回作に期待する。




ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

TAJOMARU

※ネタバレあり 注意!!



中野裕之監督の作品です。

中野監督といえば、私が気になる監督のひとりで
一番『SFサムライ・フィクション』が大好き。
SF SAMURAI FICTION [DVD] / 風間杜夫, 吹越満, 布袋寅泰, 緒川たまき, 内藤武敏 (出演); 斉藤ひろし (脚本); 中野裕之 (監督)

映像作家だけに綺麗な映像でした。
特にファーストシーンの風景はイメージ映像かと思える程。

小栗旬、田中圭などの
若目で時代劇のイメージがないメインキャストに加え
萩原健一、松方弘樹の出演が映画全体を引き締めています。

原作は芥川龍之介の『藪の中』
しかし、『藪の中』は引用程度で
全くの別物と考えた方がいいと思います。

家来たちが戦うシーンは、人数少な過ぎで迫力に欠けるが
1対1の対決シーンは凄くカッコイイ!!

興行的はあまりよろしくなかったようだが
予想していたよりは おもしろいと思った。



でも、何かがおかしい。。。。

侍なのに家を捨てて、愛を貫く


なんとなく洋画のストーリーのようで腑に落ちない。。。。



やっぱり中野監督作品はファンキーじゃなくちゃネン







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

探偵はBarにいる



いやぁ〜 大泉洋 サイコー♪

ネットでたまたま予告を見て
面白そうだなぁって 思ってたんだよね。。。

洋さん 舞台出身だから 少々大袈裟なところは否めないけど
その分、相棒役の松田龍平は押さえていて
なかなか良い感じのバランスでした。

主人公の探偵自身の語りが入るところが
原作の小説らしさが感じられるみたい。
最近の映画にはなくて、なんとなく新鮮かも・・・。



だぁ とも話していたんだけど
昔のTVドラマの
「俺たちは天使だ!」とか

「探偵物語」とかの

雰囲気も感じられて
私たちの世代には懐かしいねぇ。


なんとなく続編が制作されそうな予感。。。
いやいや ぜひ続編を作っていただきたい!




「探偵はBarにいる」公式サイト
http://www.tantei-bar.com/





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

SPACE BATTLESHIP ヤマト

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK [Soundtrack] / 佐藤直紀 (CD - 2010)
SPACE BATTLESHIP ヤマト 公式サイト
http://yamato-movie.net/

<あらすじ>
2194年、外宇宙に突如として現れた敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事実を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう。




大好きな山崎貴監督の映画ですよ。
でもなぁ〜
木村拓哉主演ってのはちょっと…(これ以上は語るまい)。

いろんな宇宙船のデザインが
『ジュブナイル』や『リターナー』の時と似ていて
ジュブナイル [DVD] / 香取慎吾, 酒井美紀, 山崎貴, 吉岡秀隆 (出演)リターナー スタンダード・エディション
「おぉ 山崎貴らしい…」と思っちゃいました。
なんとなく嬉しいが、ちょっとワンパターンかも…。

子供の写し方・使い方がうまい。
そして、何より小物の使い方がいいねぇ〜。

やっぱ 好きだわぁ


木村は、良いのか悪いのか わからないけど
何の役を演じても「The 木村拓哉」になっちゃってて
どうなんでしょうネ。
ヴィジュアル的には「古代進」なんだけど
やっぱ「木村拓哉」なんだよネ。


黒木メイサは役にぴったりでした。
森雪のキャラ設定では少々無理があるけど
実写映画版の森雪キャラ設定には適役でした。


小学生の頃にアニメの「宇宙戦艦ヤマト」を
あんなに見ていたのに
ストーリーが思い出せない。
宇宙戦艦ヤマト DVDメモリアルボックス / 納谷悟朗, 緒方賢一, 永井一郎 (出演); 松本零士 (原著)
こんな感じのストーリーだったっけ?

全体的に「東宝特撮映画」的な雰囲気があったのが残念。
もちろん東宝映画だから仕方がないのかもしれないけどネ。


続編は難しいだろうなぁ。。。




山崎監督は
『ジュブナイル』で、香取慎吾を
『BALLAD 名もなき恋のうた』で、草なぎ剛を
BALLAD 名もなき恋のうた [DVD] / 草ナギ剛, 新垣結衣, 夏川結衣, 筒井道隆, 武井証 (出演); 山崎貴 (監督)
そして、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』では木村拓哉をと
SMAP 5人のうち3人を使っている。
さて、次は中居クンなのか吾朗チャンなのか???



とりあえず 山崎監督の次回作は
『ALWAYS 三丁目の夕日 '64』
http://www.always3.jp/

今度は3Dなんだって!
楽しみにしてます。








ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

GANTZ

GANTZ VISUAL BOOK (タレント・映画写真集) [単行本(ソフトカバー)] / 2011『GANTZ』FILM PARTNERS, MORE編集部 (編集); 集英社 (刊)
GANTZ 公式サイト http://gantz-movie.com/



主演 嵐の二宮和也。
(ちなみに だぁ がファンなんです!)

原作 奥浩哉。
少年漫画なんて、ここ○○年読んでなくて…
私が覚えてる奥浩哉の漫画と言えば『変』だったりします。
Hen (01) (Young jump comics wide) [コミック] / 奥 浩哉 (著); 集英社 (刊)
少年漫画でありながら、線が細くて
とっても綺麗な絵なので、当時から好きでした。
内容はおもいっきり少年漫画なんだけどネ。


そんなこんなで
こりゃ見るっきゃないでしょう!


<あらすじ>
まったく就職が決まらない大学生の玄野と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。



PG12:
12歳未満の年少者には保護者の助言・指導が必要とする。

かなりバイオレンスちっくなシーンなどがあり
この手のシーンが苦手な私としては
「やめてくれぇ〜」って感じでした。

でも、要所要所に少年漫画のテイストがあったので
なんとか最後まで頑張って観れたネ。。。


ニノがカッコイイ!
やっぱ 嵐は旬だね。

吉高由里子のカマトトぶりがヤバいネ。


なんだかんだ言いながら
結構おもしろかったよん。

思わず原作漫画全巻揃えたくなっちゃった。
【漫画】GANTZ ガンツ (1-30巻 最新巻)漫画全巻ドットコム【あす楽対応_関東】【smtb-u】05P04feb11



GANTZ: PERFECT ANSWER(GANTZの続編)が
4月23日より公開される。
これも絶対に見なくちゃネ。
バイオレンスシーンはイヤだけど・・・。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

私の愛、私のそばに


『私の愛、私のそばに』公式サイト
http://www.sobaniite.com/


2月5日より公開される映画を
一足先に見ちゃいました。

それというのも、ひかりTVのリビング試写会に当選したから。

自宅のTVの前で簡単にエントリー(応募)できて
当選すると…
指定期間中に自宅でいつでも試写できちゃうんだか
便利な世の中になりました。



<あらすじ>
実家の葬儀社で働くジスは、ある日、唯一の肉親を亡くしたばかりの難病の青年ジョンウと幼いころ以来の再会を果たす。お互いのことを話すうちに打ち解け合った二人は、やがて結婚。しかし、そんな幸せの絶頂で、ジョンウの容態が急変してしまい……。


なんとも報われない作品でした。
少しでも救われる内容がないのか考えたけど
見当たらず…
号泣するほど悲しくさせる良いお話とは思うんだけど
見終わった後、虚しくなりました。。。

ハ・ジウォン演じる妻役が
あまりに健気で可愛くて見えて仕方がなかった。

一方、キム・ミョンミン演じる難病の夫役は凄かったネ。
全裸でうつ伏せになるシーンでは
本当に病気なんじゃないかと思わせるほど
痩せ細っていて怖いくらいでした。
演技力に脱帽です。


韓国映画の凄さに
またハマってしまいそうな Mondoなのであります。



公式サイトより予告編を見ることができます。
http://www.sobaniite.com/
興味のある方はそちらよりご覧ください。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 17:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

少年メリケンサック

少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD] / 宮崎あおい, 木村祐一, 勝地涼, 田口トモロヲ, 三宅弘城 (出演); 宮藤官九郎 (監督)

<あらすじ>
レコード会社に勤める契約社員のかんなは、動画サイトでパンクバンド「少年メリケンサック」を発見して、社長の時田に報告する。元パンクバンド出身の時田は大乗気になって、彼らと契約を結ぶことをかんなに命じた。そうして、かんなが訊ねた高円寺の居酒屋にいたのは、やさぐれた中年のアキオだった。動画サイトにアップされていた映像は、彼らの25年前のライブだったのだ。


宮藤官九郎監督作品。

『宮藤官九郎監督作品』と言えば・・・
前作の『真夜中の弥次さん喜多さん』の印象が強く
真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション [DVD] / 長瀬智也, 中村七之助, 小池栄子, 阿部サダヲ, 柄本佑 (出演); 宮藤官九郎 (脚本); しりあがり寿 (原著); 宮藤官九郎 (監督)
その時は少々ガッカリしたので
今作はあまり期待してなかったんですが
これはおもしろかったです。

『ぶっ飛んでいる』んだよネ。

ユースケ・サンタマリアの社長もありえないし
佐藤浩市と木村祐一が兄弟だってのもありえないし
田口トモロヲのイっちゃってる感じもありえないし
ピエール瀧の鼻の曲がった特殊メイクもありえないし…

スピード感があってイイ!

宮崎あおいはうまいなぁ…って思っちゃいました。


これはDVD買ってもいいかもネ
(^_-)-☆







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

陽炎

陽炎 [DVD] / 樋口可南子, 荻野目慶子, 本木雅弘, かたせ梨乃, 岩下志麻 (出演); 佐藤勝 (その他); 奥山和由 (プロデュース); 五社英雄 (監督)

<あらすじ>
抜けるような真夏の下、見事な菩薩の刺青を背にする洗い髪の女がいた。女の名はりん。女胴師である彼女を人は“不知火おりん"と呼んだ。ある日、大阪の難波政組の依頼を受けてそこに向かったおりんは、偶然義弟の市太郎に出会う。両親亡き後、若旦那として熊本・二本木の料亭・八雲を切り盛りしているはずの市太郎だったが、今や岩蔵が率いる岩船一家に店を乗っ取られ、博奕打ちと芸者が徘徊する色と欲の悪臭に満ちた場に成り下がっていた。そして、おりんは二度とまたぐことのないと思っていた八雲の敷居に足を踏み入れた。



五社英雄監督の作品。

コテコテの任侠映画であります。
非常にわかりやすい。

任侠映画のイメージのない樋口可南子が主演。

だからだったのか、公開当初この映画を観たときは
何か物足りない感じがした。
でも、今回改めて観てみると…
なかなかイイんですよ。

樋口可南子が凛々しい!

悪役の白龍も若いし 細い!

ラストの立ち回りは迫力がある。

なんで それが当時わからなかったのだろう。。。
改めてそれが悔やまれる。


しかし、五社英雄監督が亡くなった後
2、3、4と続編は製作されるのだが
主演はなぜか高島礼子。
全然イメージが違っていて
あんまり観る気がしないなぁ・・・。


最後に一言。

往生しなっせっ!


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

鬼畜

鬼畜 [DVD] / 岩下志麻, 緒形拳, 蟹江敬三, 田中邦衛, 大竹しのぶ (出演); 野村芳太郎 (監督)

<あらすじ>
竹下宗吉と妻、お梅は川越市で印刷屋を開いていた。宗吉は小金が貯ったところで、鳥料理屋の菊代を囲い七年間に三人の隠し子を作った。おりあしく、火事と大印刷店攻勢で商売は凋落した。手当を貰えなくなった菊代は、利一(六歳)良子(四歳〉庄二(一歳半)を連れて宗吉の家に怒鳴り込んだ。菊代はお梅と口論した挙句、三人を宗吉に押しつけて蒸発した。


原作者の松本清張が実際に起きた事件を元に
書き下ろしたお話です。

子供を捨てる親なんて・・・酷過ぎる!

でもサっ 最近は珍しいお話ではなくなっているので
別の意味で悲しい。。。


岩下志麻が正妻で
小川真由美が愛人なんて
キツいタイプの女性が好みなんだネ。

緒形拳もさすがにウマイ!


ただ…子役はあれでいいんかい?
セリフ棒読みでイマイチ感情移入できなかったナ。


名作だけど、かなり重い作品でした。






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

SP 野望篇

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX

<あらすじ>
チームリーダー尾形の、耳を疑うような発言に疑心をぬぐい切れない井上は、表面的には平和な姿をしている日常の中に、特殊能力で脅威の存在と四六時中シンクロしていた。そんなある日、六本木で大規模テロ事件が勃発。テロリストの魔手は笹本ら第四係のメンバーにも向けられていた。


ご存知TVドラマの『SP 警視庁警備部警護課第四係』の
続編であり、映画版である。

・・・とは言うものの
ドラマを見ていたわけではない。。。

だぁ が、再放送に一時ハマっていた時期があって
「絶対観る!」と言ったので
つきあい半分で観に行ったのだ。


TVドラマを観ていなくても
話は通じるでしょ!

なぁんて軽く考えていたのは甘かったみたいだ。


一応わからなくもないんだけど…
理解するのに時間がかかるっていうのか…
とにかくTVドラマを観ていないうちに
映画を観てしまったことに少々後悔した。


どの番宣でも言っていたように
アクションが凄かった。

・・・てか、ちょっとクドいかも・・・
特に最初の約20分にもわたるアクションシーンは
本当にクドい。
もうちょっとあっさりしていてもいいんじゃないかぁ?


あとラストの方も…ネ…
なんて言うかぁ…
RPGみたいだなって思っちゃった。
(^^ゞ


まぁ そんなこんなで
本当はおもしろいのかもしれないんだけど
残念ながら
その面白さが楽しめなかった感が否めない。


そして、お話は『SP 革命篇』に続く。。。。



こうなったら、TVドラマをしっかりとチェックして
革命篇に備えるか!?


映画「SP」公式サイト
http://sp-movie.com/







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。