ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年10月27日

クヒオ大佐

クヒオ大佐 [DVD]

<あらすじ>
“父はカメハメハ大王の末裔、母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ、自分は米軍特殊部隊のジェットパイロット"という華麗なる経歴の持ち主、ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐。だが、彼の正体は純粋な日本人で、デタラメな経歴で女性たちを次々と騙す結婚サギ師だった。あまりにもわかり易すぎる嘘にも関わらず、騙されていく女性たち。クヒオに献身的に尽くす弁当屋の女将、永野しのぶ。怪しいクヒオにいつの間にか惹かれていく自然科学館の学芸員、浅岡春。クヒオの金の匂いに引き寄せられる銀座のナンバーワンホステス、須藤美知子。コロリと騙される女性たちから、クヒオはおよそ1億円あまりを巻き上げてゆくが……。





吉田大八監督作品。

期待通り 個性的なおもしろい作品でした!

どう考えてもおかしい話に騙されちゃうんですよ。
好きになっちゃうと なんでもアリなんだネ。
実話をもとにしたお話だっていうから驚きです。

堺雅人のひょうひょうとした感じが
憎めないクヒオ大佐にピッタリです。


冒頭のなんでもないシーンが
ラストの伏線だったとは…やられました!

最後はちょっとだけやり過ぎな感じがしちゃいましたが
まぁ それくらいは良しとしましょう。


自然科学館の学芸員役の満島ひかり
Folder5のメンバーだったんですね。
そんでもって、つい最近、映画監督とご結婚されたとか…
末長くお幸せにネ



最後に・・・

『ニガクリダケ』は苦いんですよ。








ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

海猫

海猫 [DVD]

<あらすじ>
フィアンセの修介から、亡母・薫のことで一方的に婚約を破棄された美輝。ショックで失語症になった彼女は、故郷・函館の病院で祖母のタミから母の死の経緯について聞かされる--。薫が函館から峠ひとつ隔てた漁村・南茅部の漁師・赤木邦一のもとに嫁いだのは、80年代半ばのことだった。ロシア人の血を引く彼女は、村人たちに"青い目のお嫁さん“と歓迎され、彼女もまた漁師の生活に溶け込もうと努力を惜しまなかった。だが、美輝を授かった頃から、夫婦の間に微妙な心のずれが生じ始める。いつまでも慣れない生活、性の不一致、夫の浮気……。こうして、薫は孤独感を深めていった。そんな彼女の支えとなってくれたのが、函館の工場で働く義理の弟で、彼女に秘かな想いを寄せる広次だった。




森田芳光監督作品なんで
期待しつつ観てみた。

なんで伊東美咲が主演?
『ロシア人の血を引く女性』って、ところで納得。
でもぉ〜 ちょっとネ〜 演技がぁ…

かなりのセクシーシーンに挑戦はしていますが
オールヌードは頑なにNGだったみたいで
かなり不自然な感じが否めない。


そんなことよりも
弟役の深水元基
サラリーマンNEOのイメージが強くって
登場するたびにクスっと笑ってしまった。


ストーリーは悪くないんだけどね
微妙な感じの作品だね




ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

カンナさん大成功です!

カンナさん大成功です! 特別版(2枚組) [DVD]

<あらすじ>
身長169cmにして体重95kgという体格のカンナの基本スタイルは上下スウェット。楽しみといえば豚の三枚肉を食べることで、馴染みの占い師にも「お前に取り柄があるなら教えてくれ」と言われる始末。だが、そんなカンナにも人並み以上の才能があった。誰もが聞き惚れる美声と天才的な歌唱力。その取り柄を活かし“影の歌手"、ゴースト・シンガーとして活躍していた。顔とスタイルは抜群だが、歌はまるでお粗末なスター、アミの舞台裏で、彼女の代わりに歌を歌っているのがカンナなのだ。スポットライトの当たらない場所ではあるけれど、その時だけは想いを寄せるプロデューサー、サンジュンをモニター越しに眺めることができる。自分が“特別"になれるその瞬間、それだけでカンナは満足だった。ひたすら現実から眼を背け、自分の殻に閉じこもって暮らすカンナであったが、サンジュンの誕生会で彼の本音を聞いてしまう。「カンナには才能はあっても美貌はない。憐れんで放っておけばいい」。カンナは絶望の渕を彷徨った果て、全身整形という壮絶な決断をする。テレクラで知り合った美容整形医を脅し、大手術を決行。


『劇場版 カンナさん大成功です!』に
ガッカリした後だったので
特に期待もせずに観てみた。

こっちのほうが断然おもしろかった。

鈴木由美子の漫画が原作になっていたが
全くの別物と考えた方がいいみたいです。

恋愛、親子愛、友情、成功、ねたみ などなど
いろいろな要素が丁寧に描かれていて
すげぇ〜な韓国映画って 思っちゃいました。

最後もとっても微笑ましいエンディングだったし…
いやぁ〜ホントに よかった よかった。


キム・アジュン 綺麗で 歌もGood でした。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

劇場版 カンナさん大成功です!

カンナさん大成功です! プレミアム・エディション [DVD]

<あらすじ>
神無月カンナは、ブスのせいで幼い頃から“カンナ菌"、“ブタゴリラ"などと、いじめられっ放しの人生を送ってきた。大人になってアパレル企業・亀戸商会の縫製工場で働くようになってもそれは変わらない。だがある日、大失敗をしたカンナに優しく声をかけてくれる男性が現れる。営業部員の蓮台寺浩介。その姿に一目惚れしたカンナは、浩介の恋人になることを夢見て、貯金をはたいて全身整形に挑戦。見違えるような美人に生まれ変わる。こうして、浩介に近づくためにカンナは工場から受付嬢に転身。


原作は『白鳥麗子でございます!」の鈴木由美子。
それならば…きっとおもしろいはず!!
と、意気込んで観たものの・・・
結果は…かなり期待外れでした。

前半、つまらなくて思わず寝てしまいそうでした。

なんだろなぁ…
ブス時代のイジメの回想シーンなんかは
クレイアニメーションなんかを使って
それなりに工夫は観られるんだけどネ。

何かと説得力にかけるというか…。

例えば、『受付嬢』に少々強引なやり方でなったのに
ほとんど仕事をしてる感じもない。
普通で考えると
受付の同僚や先輩にヒンシュクをかうんじゃないかと思うのに
なぜか最後は受付の人達から応援してもらってたりして…。
もうちょっと何らかのエピソードがあってもいいんじゃない?

まぁ 一事が万事です。


柏原崇を久しぶりに観たけど
こんな仕事(役柄)もやるんだぁ…。
ちょっとガッカリ。


久々のガッカリ作品でした。



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

インスタント沼

インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]

<あらすじ>
担当していた雑誌が休刊になり出版社をやめることになった編集者の沈丁花ハナメ。好きな男にも振られ、ドロ沼のようなジリ貧人生をやり直そうと身の回りの荷物を処分した矢先に衝撃の手紙を発見。そこにはハナメの実の父親が「沈丁花ノブロウ」という全く知らない男だと書かれていた。あわてて母親に聞いてみるが、母親は河童を探しに行ったとかで池に落ち病院に運び込まれてしまう。母親を見舞った後、事実を確かめようと、手紙を頼りに「沈丁花ノブロウ」を訪ねる。しかし、そこにいたのは“電球"と名乗るうさん臭い骨董屋「電球商会」の店主だった。


テレビドラマシリーズ『時効警察』の三木聡監督作品。
・・・と言っても
『時効警察』は、CSでたまにちょっとだけ観ただけ。
特に思い入れはないが
なんとなくおもしろそうだったんで観てみました。


それに・・・

風間杜夫さんが出演してるもんねハートたち(複数ハート)


最初のシーンから奇妙でした。。。
いきなり作品の世界に引き込まれた感じ。

登場するキャラも強烈。。。

んぅぅ…インスタント沼のオチが 納得できない。


でも
「人生うまくいかない時は水道の蛇口をひねれ」
この話は結構イイかも。


話がぶっとび過ぎて、私はついていけない。。。
ただ なぁんとなく 観終わった後
ポジティブになれるのは、なぜなんだろう。

不思議なおもしろさのある作品でした。






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]

<あらすじ>
誕生日を祝ってくれる友人もいない大学生ジローは20歳の誕生日に、自分へのプレゼントを買うためデパートを訪れる。そこで彼は、火で焦げたようなボロボロのボディスーツを着た“彼女"と出会う。彼女はワンピースに着替え、お金を払わずデパートを出ていく。それから彼女は、ジローが1人で食事をしているレストランに現れる。今日が誕生日だという彼女の勢いに押し切られ、ジローは彼女と誕生日を過ごす。


『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督・脚本作品。
猟奇的な彼女 [DVD]

可愛い強い女に
少々弱ちぃ男の組み合わせが
好きみたいですね。

今作も、かなりストーリーが入り組んでます。
時間を超えた内容なので
途中で「時間の計算が合わないのでは???」などと
思ったりもしたが
最後は帳尻を合わしていて
ちゃんと納得させられた。

VFXも駆使されていて
かなり壮大なお話です。

なかなか面白かった!





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

<あらすじ>
きれいなお姉さんの夢を見た翌日、突然、天正2年(1574年)にタイムスリップしてしまったしんちゃん。そこで、青空侍と呼ばれる又兵衛という侍の命を助けたしんちゃんは、春日城へ案内され、夢で見たお姉さんと会うことが叶う。


『クレヨンしんちゃん』は少々お下劣なので
あまり好きではない。

しかし、甥っ子姪っ子がまだまだ幼かった頃
1回ぐらいは一緒に映画館に観に行った記憶が
かすかにある。。。
なんていう作品だったかは忘れたが
当時「クレヨンしんちゃんと言えども侮れない」と
思ったような気がする。。。。

さてさて今作は
『BALLAD 名もなき恋のうた』の元になった作品です。
BALLAD 名もなき恋のうた [DVD]

どぉしても観てみたかったのよね。


内容は『BALLAD』と多少設定は違えどほぼ同じ。
そして『クレしん』のお下劣ギャグが適度(?)に
散りばめられてます。

子供向けのアニメというより 大人向けじゃないか?
子供に意味がわかるのか少々疑問が残る。
アニメに悲恋は似合わない。
『クレしん』には悲恋は似合わない。

とっても良いお話なのに
お下劣ギャグが邪魔をするぅ〜


結果的に『クレヨンしんちゃん』から切り離し
実写映画化をしたのは正解だったと私は思う。



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

サトラレ

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]

<あらすじ>
乖離性意志伝播過剰障害者、通称“サトラレ"とは、自分の心が喋らずとも周りの人々に“悟られ"てしまうという、不思議な能力を持つ人のことである。1000万人に1人という確率で存在する彼らは、同時に例外無く想像を超える天才的な知能も有していた。だが、彼らは自分がサトラレであることは知らない。もし、自分がサトラレであることを知ったら、生きてはいけないからだ。そこで、政府は特能保全委員会を設置し、サトラレがサトラレであることを自覚しないよう徹底的に保護していた。飛行機事故で両親を亡くした健一も、そんなサトラレのひとりだ。


本当に『サトラレ』がいたら大変だよなぁ…。

話に多少無理があるものの
なかなか良いお話でした。

主人公のおばあちゃんに対する想いが
伝わってきて
涙がとまりませんでした。。。

安藤政信が役にピッタリだね。

ただ・・・
おばあちゃんの手術のところは
ちょっと大げさだった。。。

まるで『踊る大捜査線』のようだ。

などと思っていたら
監督は『踊る』の本広克行監督だったんだね。
どおりでネ。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

<あらすじ>
“チーム・バチスタ事件"を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。ある日、そんな彼女の元に一通の告発文書が届く。その内容は「救命救急の速水晃一センター長は医療メーカーと癒着しており、花房看護師長は共犯だ」というものだった。


「チーム・バチスタの栄光」の続編
・・・と言っても、単独で観ても十分話は通じそう

でも、前作を観た方が登場するキャラ達の人間関係がわかって
なお楽しめるようになってます。


今度は『救命救急』が舞台。
グロさはかなり抑え気味です。

堺雅人がやっぱり素敵。
林泰文が地味ながらも奇妙な雰囲気がイイ!!

前作同様、2段階のオチがあった。
これって…原作者の特徴???

犯人のポジション的になんとなく似てるしネ


話としては、今作の方が好きかも。。。

続編 できないかなぁ〜






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光 [DVD]

<あらすじ>
拡張型心筋症に対する「バチスタ手術」は、きわめて難易度が高く、成功率も約6割が日本医学界の常識だった。ところが、これまで26件もの手術を連続成功させた集団が東城大学付属病院にはいる。天才的な手腕を誇る外科医・桐生の率いる「チーム・バチスタ」だった。しかし、そんな「チーム・バチスタ」が三例も立て続けに失敗を重ねてしまう。これは単なる事故なのか?心療内科医の田口公子は、原因の調査を当局から依頼された。


医療現場のミステリーで
しかも外科手術がメインなので
あまりにリアルな心臓が登場している。

手術シーンは苦手だな…。

ほわぁ〜んとしている竹内結子と
常に攻撃的なのにどこかコミカルな阿部寛が
なかなかイイコンビでした。

ココリコの田中直樹が やっぱりツボ。。。


2回のどんでん返しが予想外だったが
1回目と2回目の入れ替わっていた方が
いいんじゃないかなと思った。

続編ができたのも うなずける。。






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

カラフル(2000年)

カラフル デラックス版 [DVD]

<あらすじ>
誰かの体に“ホームステイ"している間に、生前の悪事を思い出し反省すれば、輪廻のサイクルに戻ることが出来る。そう言われたひとつの魂が、自殺したばかりの14歳の少年・小林真の体に乗り移った。ところが、真は絵を描くのが得意な以外、内向的な性格で親友と呼べる友だちもいない冴えないヤツだった。


今年アニメで公開になっていたんで
とりあえず実写作品を観てみました。

主役は KAT-TUN メンバーの田中聖。
現在の田中聖の印象は「チンピラ」みたいだけど
(ファンの方スミマセン)
この頃は、まだあどけなくって 可愛いね。

男2人兄弟の弟が主人公だったからなのか
どことなく『家族ゲーム』みたいだな…なんて思っていたら
家族ゲーム [DVD]
脚本が森田芳光(『家族ゲーム』の監督)だった。

お母さん役が阿川佐和子ってのも
おろしろいキャスティングでした。

ラストはだいたい始めから想像できたが
そこまでの主人公の心の動きが細部まで描かれて
なかなかよかったです。


アニメの方も観てみたいなぁ・・・。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

紳士は金髪がお好き

紳士は金髪がお好き [DVD]

<あらすじ>
ローレライとドロシイはニューヨークのナイトクラブに出ている仲の良い芸人同士だった。ローレライはなかなかのチャッカリ娘で、金持ち息子ガスの心をとらえ、パリへ渡って結婚することになったが、出発間際ガスの父が病気でとりやめになった。余った切符でドロシイがローレライと一緒にパリへ行くことになった。船にはローレライの素行を調べるためガスの父が私立探偵のアーニイを乗り込ませた。



マドンナの『マテリアル・ガール』のPVを観たり
セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)
映画『ムーラン・ルージュ』でニコール・キッドマンが
「Diamonds are a Girl's Best Friend」を
歌いながら登場するシーンを観たりして
ムーラン・ルージュ [DVD]
やっぱり 元祖 マリリン・モンローを
チェックしなくては!と以前から思ってました。

やっと観ることができたよ。


物語云々はさておき
この映画は『The マリリン・モンロー』だぁね。
能天気なお色気がGoodです。
ミュージカルシーンも豪華でとってもよかったです。

やっぱ 明るい映画っていいよね。


『七年目の浮気』も観たいなぁ
七年目の浮気 (特別編) [DVD]





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

しあわせのかおり

しあわせのかおり [DVD]

<あらすじ>
山下貴子はデパートの営業として働いている。ある日彼女は金沢の町外れにある小さな中華料理店“小上海飯店"に出向き、デパートへの出店の交渉をするが、店主の王に断られる。しかし、昼の定食を食べることに。その味に魅了された彼女は、その日から店の常連となる。突然、王が厨房で倒れる。退院しても体に麻痺が残り、重い中華鍋を振ることができなくなっていた。


中谷美紀はあんまり好きじゃないけど
藤竜也が渋くてカッコ良い!

前情報もなかったので
特に観たいとも思っていなかったが
オープニングの中華料理の数々を
なんとなく観ていたら・・・結局最後まで観てしまった。

地味な中にも
ほんわかする雰囲気があり
人間の弱さを見せながらも
最後は「頑張ろう」という希望を持たせる。


あぁ おいしい中華が食べたくなってきた!






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ラスト・ブラッド

ラスト・ブラッド スペシャル・エディション [DVD]

<あらすじ>
セーラー服に身に包み、孤独とともに生きる16歳の少女サヤ。運命のいたずらか、神の無慈悲か、人類の未来を背負わされることになったサヤは、黒筒に忍ばせている日本刀をバンパイア相手にきらめかせながら、戦い続けてきた。世界の危機を救うため、そして自分自身の運命を切り開くために戦うサヤだったが……。
                  ※Yahoo!映画 より抜粋


『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン主演。
一体 彼女はいくつなんだ???
どう考えてもセーラー服はムリなんじゃないか?
・・・でも、可愛くて 似合っちゃうからスゴイ!

小雪が悪役。
「雪女?」って思ったけど、「オニ」なんだね。
なんとなく主人公との関係が
最初から想像がついちゃったけど・・・まぁいいでしょ。

VFXをバリバリに使用。
悪モノが多すぎて「ゾンビ」に見えたよ。
ラストになるとボスキャラ達のCGが
CG過ぎてちょっと興ざめ。

アクションは見応えあり。
・・・ただ・・・倉田保昭が出演してるので
戦っているザコキャラ達が
「倉田プロのみなさん?」に見えて
クスリ(笑)としてしまった。


基本的にはアクション映画になるのだろうが
スプラッター映画のような映像があるので
それが苦手な方はあまり見ない方がいいかもです。。。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

MAKOTO

MAKOTO [DVD]

<あらすじ>
者の霊が見えると言う特異な能力を持つ監察医・白川真言は、事件や事故に巻き込まれ彼の解剖室に運ばれて来た人たちのこの世に遺した想いを読み取り、刑事の四条や同僚の桃子、研究生の久美らと共に、それを晴らし成仏させてやることが自分の使命だと思っている。だが時に、明らかになった真実が遺族の気持ちを傷つけてしまうこともあった。
               ※goo映画 より抜粋


原作は郷田マモラの漫画である。
MAKOTO 完全版 (アクションコミックス)

郷田マモラ・・・というと・・・
数年前にTVドラマ化された『きらきらひかる』が
思い出される。
きらきらひかる DVD BOXきらきらひかる―浪速美人監察医物語 (File1) (講談社漫画文庫)
確かこの漫画も監察医のお話だったよね。。。


『死者の霊』のお話なので
見ようによっては ホラーにも ファンタジーにも
解釈できるが…
やっぱり全体的には暗いお話です。

とても良い作品だとは思うのですが
オムニバス映画のようなショートストーリーが
盛り込まれていて
少々まとまりがなかったような感じがしました。

原作が漫画だからそこは仕方がないのかもしれません。





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

SEOUL ソウル

ソウル [DVD]

<あらすじ>
護送犯を韓国に送り届け、帰国の途に着こうとしていた矢先、現金輸送車強奪事件に巻き込まれてしまった警視庁所属の新米刑事・早瀬は、犯人の唯一の目撃者として72時間の在韓捜査協力を要請される。しかし、ソウル市警の刑事部長で堅物として知られるキムは、軽率な行動によって犯人を取り逃がした彼を快く思わず、ふたりは言葉の壁や慣習の違いから溝を深めていくのであった。そんな中、ミンゾクウィセビョク(民族の夜明け)という組織が、3日後に控えているアジア首脳会議開催の阻止を予告。訪韓していた日本の外務大臣を誘拐し、50億ウォンという身代金を要求してきた。
              ※goo映画 より抜粋


TOKIO の長瀬智也 主演。
所詮アイドル映画でしょ…なんて思っていたけど
予想外におもしろかった。

長瀬以外の出演者はすべて韓国の俳優さん達でした。
ほとんど韓国映画と言っても過言ではないかも…。

ちなみに2002日韓国民交流年記念作品なんだとか…。


ただ単に男臭くなりがちなんだけど
通訳を女性にしたことが
いいクッションになったような気がした。

ストーリーも程よく入り組んでいて
おもしろかった。

なにより長瀬演じる主人公のキャラが
適度に抜けているところが
笑いどころになっているのがGOODでした。


脚本は、長谷川康夫。
『エンジェル 君の歌は僕の歌』『恋は舞い降りた』などの
ファンタジーぽいものだけでなく
こんな刑事モノも書けるんですね。
もう 大好き♪



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

エンジェル 僕の歌は君の歌

<あらすじ>
大川竜彦は、天野香織と別れたその翌日、神係爽子という美女と出会う。彼女の鞄の中には死んだばかりの大物政治家や人気タレントなどの写真に混じって、香織の写真が入っていた。奇妙な胸騒ぎを覚えたのもつかの間、人気タレントを始めとして爽子の鞄の中に入っていた人物が次々と死んでしまう。竜彦は必死になって爽子を探しだし、彼女が天使であること、そして香織が1週間後の7月7日午後7時に死亡する予定であることを聞き出した。
              ※goo映画 より抜粋


「天使」というより「死神」みたいだよネ。


熱い男
女性に不器用な男
スポーツをやってる男
どれをとっても
織田裕二のために書かれた作品にような気がします。
別れた彼女を追っかけるところは
一歩間違うとストーカーだネ


大地真央のエンジェル役は微妙
やっぱり舞台女優さん



脚本は長谷川康夫
元つかこうへい劇団のひとり
自身が監督した『恋は舞い降りた。』と
ちょっと似ている感じでした。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

記憶の棘

記憶の棘 オリジナル・バージョン [DVD]

<あらすじ>
10年前に夫のショーンを心臓発作で失った未亡人アナは、長年自分を思い続けてくれたジョゼフと再婚することを決意する。しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年が現れ、「僕はショーン。君の夫だ」と名乗る。
            ※Yahoo映画 より抜粋


ニコール・キッドマン主演だし
「夫の生まれ変わりの少年?」って内容に惹かれ
観てしまいました。

ベリーショートのニコール・キッドマンが
どうしても好きにはなれなかった。


もっとファンタジックな内容かと思ったら
あまりにも現実的なラストに
かなり残念な印象に終わってしまった。


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

もどり川

<あらすじ>
今日も苑田岳葉は、浅草・十二階下の遊廓の千恵のところに来ていた。そんな岳葉を外で待つ妻のミネ。ミネは胸を煩っていた。歌風のことで村上秋峯に破門された岳葉は、その夜、前から心ひかれていた秋峯の妻・琴江のところに強引に忍び込み関係をもつ。二人は駈け落ちの約束をし、琴江は駅で岳葉を待つが、彼は秋峯に姦通罪で訴えられて刑務所に送られた。刑期を終えた岳葉は、琴江が十二階下に居るという噂を聞いて出かけ、そこで関東大震災に遇う。その混乱のなか、岳葉はミネを療養所に入れ琴江を探し出すが、彼女は娼婦になっていて岳葉を冷たく突き放すのだった。
                 ※goo映画 より抜粋


神代辰巳監督作品だというので観てみました。
主演は萩原健一。

神代辰巳&萩原健一コンビは
『青春の蹉跌』以来で
この作品以降は『恋文』『離婚しない女』と続きます。

『もどり川』『恋文』『離婚しない女』の原作は
連城三紀彦ですから
かなり興行的にも当たったんでしょうね。


この作品のタイトルは『もどり川』ですが
原作は『戻り川心中』です。
戻り川心中 (光文社文庫)

心中をする作家というと太宰治の名前が浮かびますが
そのイメージと重なってしまいます。

主人公の女癖の悪さが
歌のためなのか 己の欲求を満たすためなのか
よくわからないところがありますが…
こういう役はショーケン うまいネ。


登場する女優さんが凄い。
原田美枝子、藤真利子、蜷川有紀、
樋口可南子、池波志乃

個人的には樋口可南子が大好きなんだけど
最初に登場する池波志乃の妖艶さにはまいりました。
そういう意味でも見ごたえがありますヨ
(笑)


女はやっぱり怖いネ



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 15:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

千年の恋 ひかる源氏物語

千年の恋 ひかる源氏物語 [DVD]

<あらすじ>
今から千年前、越前国で父・藤原為時と弟・惟規、夫・宣孝との娘・賢子と共に静かな日々を送っていた紫式部は、ある日、宮中で内覧として権勢を振るっていた藤原道長から、娘・彰子の教育係として京の都に来て欲しいと頼まれる。道長は兄・道隆と覇権を争っており、各々の娘に帝の御子を産ませようと躍起になっていたのであるが、式部も道隆の娘・定子の教育係が清少納言と聞き、静かな闘志を燃やすのであった。そして、式部は教育の傍ら、自らが執筆する壮大な女と男の物語源氏物語を彰子に説いていく。
             ※goo映画 より抜粋


東映50周年記念作品ってことで
力が入ってます。。。
と言うより
力み過ぎてます(笑)

突っ込みどころ満載です。


光源氏役は天海祐希
女が男を演じるってことに
違和感があるんじゃないかと思ってましたが
そこは意外とすんなり受け入れることができた。

松田聖子はいらないんじゃないかい?
イメージ映像のような抽象的な存在なのに
変な存在感ありありです。
登場するたびにゲンナリしてしまった。

あとは細川ふみえのシーンが変。
海中で戯れるシーンは不自然。
な・なんと 水中出産ならぬ 海中出産。
いかがなもんでしょう。。。


まぁ 不評は聞いていたので
期待せずにそれなりに楽しんでは観れたけど…ねっ
やっぱり評判どおりだったネ



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。