ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年03月10日

プリンセスと魔法のキス


プリンセスと魔法のキス


半年ぶりに映画館で映画を観ました。。。
そして、久々の Disneyアニメ
しかも何年かぶりの プリンセスモノ。
(^◇^)

やっぱり お姫様っていいわよネぇ〜

カエルになったプリンスを元に戻そうとキスをしたら
自分もカエルになってしまったというお話。


ただ王子様を待ってプリンセスになるのではなく
結果的にプリンセスになってしまう。
美女と野獣 のベルと似たような感じ。

ガンバリ屋の働き者のヒロインはいいねぇ〜

星に願えば叶うのではなく
星は願うと 願いを叶えるお手伝いをしてくれる。
願いを叶えるのは自分自身

まったくその通りだと思うね。


途中にがからむところが
ディズニーらしくないけど…
まぁ 死んでお星様になる ってのは、少し救われたかな。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

俺っちのウェディング


俺っちのウェディング [DVD]


はっきり言って マイナー映画だと思うのですが
大好きな作品だったりします。

サスペンスコメディーに分類されるのかな?
監督は根岸吉太郎。
脚本は丸山昇一。
これで おもしろくないわけはない!

主演の時任三郎が体張ってます!
橋の上に足をひっかけて逆さまにぶら下がっていたり…
CG技術が今のように進んではいない時代のはず
どう考えても実際にやっていると思う。
命がけだよなぁ。。。

美保純がなんとも言えない可愛さがあります。
愛嬌のある適度なアバズレ感がちょうどいい。
ひょうひょうとしたところに自然と笑えてくる。

宮崎美子は肉感的。
決して美しいとは言えないが
そこが妙にリアル感のある体。
ネグリジェ姿でじゃれあうシーンがあるが
ピンクのパンツ丸見えで
まったく隠そうとしない。
それが妙に生々しい。
さすが!ピンク映画を撮ったことのある監督!あっぱれです。

脚本の良さに
さらにキャスティングがマッチしていて
面白さが増していると思う。

ただ理解不能なのは アトム&ウランちゃん。
おバカ過ぎるエンディングに呆れすぎるんだけど
そこがなぜか妙に 私にとってのツボなんだな。。。


個人情報が保護されている現在。
こんな事件の報道はぜったいにありえないだろうネ



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

忍者武芸帖 百地三太夫


忍者武芸帖 百地三太夫 [DVD]


おっと! こんな映画もあったな と思い
観ることにしました。

JAC全盛の時代だな。
主演は真田広之。
タイトルの百地三太夫なのかと思ったが違っていて
その息子の鷹丸役でした。
若くて筋肉ムキムキな体を惜しげもなく公開(?)してます。
主題歌も歌ってますヨ


忍者モノって聞くと
セクシー路線のように思えてしまいますが…
(私だけ?)
そんなことは全くなく (^^ゞ
タイトル通りに 武芸 がメインです。

でも…なんとなく…
    This is JAC なんだよね。

一番の見どころは
桃山城天守閣からの飛び降りシーン です。

そういえば、当時はかなり話題になってましたよね。
東尋坊から飛び降りたこともあったんだよネ。
いろいろ危険なことをやってました。。。

悪役は千葉真一。
双子のようなちょっと不気味な二人をひきつれています。
一人だとあんまり強そうじゃなかったりします。

志穂美悦子も なぜか中国人娘で登場いたします。

みんな死んでしまい…
恋人ふたりで再出発! 的な最後。
一応 Happy End なのかな???


とっても懐かしい映画でした。
(1980年作品)




ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

王の男


王の男 スタンダード・エディション [DVD]


韓国映画で歴史モノ。

いままで どちらかというと苦手な分野が
2つも重なってます。
本来であれば、絶対に観ない作品なんだけど…。

前評判の高さ と イ・ジュンギ の美しさに負けました。

イ・ジュンギ が 女以上に女っぽい!
生腹(?)を出しているシーンが何回かあるんだけど
ガリっとしているわけではなく ムキっでもなく
適度に ポチャ としてんだよね。

映像は見事なほど美しい。
豪華な宮廷のシーンは圧巻である。

男性同士の同性愛の話かと思ったんだけど
そう簡単なお話ではなかった。
友情? 愛情? いやいや 男の絆とでもいいましょうか…
登場人物がほとんど可哀想な人たちばかり。
その悲劇が重なり さらに次の悲劇を生む。
なんとも皮肉な物語である。

ラストは悲劇的でもありながら
なんとなくどこかに希望があるような
なんとも言えない最後だった。


もうすこし時間をおいて
改めてじっくり見直してみたい作品です。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

必殺5! 黄金の血


必殺!5 黄金の血 [DVD]


藤田まこと追悼第5弾


悪徳代官と悪徳商人
今まで見てきた必殺シリーズ映画版の中で
一番オーソドックスなお話でありました。

でも、毎回の事ながら仕事人がいっぱい登場(笑)
そして、ほとんどが死んじゃいます(爆)

あらっ?
鍛冶屋の政さん(村上弘明)マゲ結ってました?
今回は鍛冶屋の政さんがメインと言っても過言ではない。

オーソドックスなんだけどネ。。。
酒井●子(あえて伏字)がいただけません。
あの役が普通の若手女優さんならよかったのにネ。
残念です。

今回は名取裕子のポイントが高いです。
紙に刺したクシをブーメランのように投げ
敵を斬っていく。
敵の斬られていくさまが
キューティーハニーがハニーブーメランを投げて
パンサークローを斬っていく場面のようで
ちょっとだけ笑っちゃった。
(視点がマニアックでスミマセン)
ポイントが高いのはそんな理由ではありませんが
とっても色っぽいんですよ。
…残念ながら濡れ場はないんですけどネ。


サブタイトルの 黄金の血 って
どこから付いたんだろう???


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

必殺4 恨みはらします


必殺4 恨みはらします [DVD]


藤田まこと追悼第4弾

必殺仕事人テレビ放送15周年記念の映画です。
監督は深作欣二。

ゆえにアクションは派手!

深作映画常連の千葉真一が仕事人の一人で出演。
同じく常連の真田広之が悪役です。
中村主水以外の仕事人達は…控えめな出演で…。

どちらかというと・・・・
必殺仕事人 featuring JAC

JAC:Japan Action Club

千葉真一タイムあり 真田広之タイムあり
ムムム…JACがメインじゃないかぁ???

そんな中でも 蟹江敬三 はイイ味出してます。。。


TVシリーズの仕事人とは一線を画した
アクション娯楽作品として観るならOKです!!


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

イルマーレ(2001年)


イルマーレ THE PERFECT COLLECTION [DVD]


チョン・ジヒョン にハマっている Mondoです。


原題:時越愛/IL MARE
時越愛時を越えた愛ですよ。

実は、この映画のハリウッド・リメイク版の方を
先に観てしまっていたりするので
ある程度のストーリーは知っていたりします。

こっちを最初に観れば良かったかな・・・ちょっぴり後悔。

ホントに韓国?って思っちゃうほど
私がイメージしていた韓国映画とは違いました。

好きなシーンは壁にパスタを投げるシーン。。。


途中にちょっとわかりづらいところがありましたが
(私だけかもしれないけど…)
比較的シンプルなストーリーだったと思う。


ラストは…
多くは語れませんが
何も知らない彼女(まだ交流がない時の彼女)に
会いに行ったら、この恋は始まらないと思うのだけど・・・
そんな風に考えちゃ ダメ?



ちょっぴりファンタジックでロマンティックな作品でした。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 11:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉 [DVD]


『猟奇的な彼女』の監督&主演女優が
再び組んだラヴストーリー。。。

またまた ぶっ飛んだ彼女ですよ。
かなりやり過ぎな感じが否めません。
しかし、後半一変するんだけども
そのギャップについていけない…泣けるんだけどね。

コメディ、ハードボイルド、悲劇 etc
いろいろ盛り込こみ それなりの作品になってはいるんだけど
『猟奇的な彼女』が良すぎたのかな???

でも、でも…
ラストは猟奇的な彼女ファンには嬉しい内容になってます。

登場人物は全く別なものですが
なんとなく 猟奇的な彼女 のストーリーにつながっているような…。


すっかり チョン・ジヒョン にハマっている Mondoです。



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 10:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

必殺!III 裏か表か


必殺!III 裏か表か [DVD]


藤田まこと追悼第3弾

3本目にしてやっと本格的な仕事人の映画です。
表の仕事も 裏の仕事も厳しい境地に追いやられる主水。
そんな中、いつもは手厳しい嫁・姑が
主水に気を遣うところが私にはツボだった。

悪なのか 善なのか
敵なのか 味方なのか
微妙な役割の要役を当時松竹看板女優の松坂慶子が演じます。
(この必殺仕事人シリーズは全部 松竹映画 なんですよ)

村上弘明と三田村邦彦のキャラがかぶる。。。
あれっ? 前回の村上弘明は花屋じゃなかった???
調べてみると・・・
『花屋の政』が『鍛冶屋の政』に変ってたよぉ
なんでなんだ!?

ラストは…
斬って斬って斬りまくります。。。。
こんだけ斬ったら 裏のままではいられないよネ
(まぁ 映画ですから・・・)


1本目(必殺!THE HISSATSU)で 「こんなものか」と思わせ
2本目(必殺! ブラウン館の怪物たち)で 落胆させ
3本目にして、やっと本来の姿に戻った感じがします。
必殺シリーズの映画は全部で6本。
さてさて 全部チェックすることができるのだろうか???





なんだかんだ言っても・・・・









やっぱり 中村主水イイ!!


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

必殺! ブラウン館の怪物たち


必殺! ブラウン館の怪物たち [DVD]


藤田まこと追悼第2弾

1985年作品で 上映時間約2時間。
前回の作品よりも
内容がちょっとだけスケールアップした感じ。
最初の方に「インディ・ジョーンズかっ!」と
突っ込みを入れたくなるシーンがあったり
(「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」が1984年なんだよね)
時代を象徴する出演者達がいたりと
観ていて なかなか懐かしかった。

ただ やっぱりその話題性を取り入れてしまったために
話がごちゃごちゃしてしまった感が否めない。

そういう部分をカットして90分ぐらいにまとめれば
「仕事人」の部分が誇張されて
もっと違う意味でおもしろかったと思う。





なんだかんだ言っても・・・・









やっぱり 中村主水イイ!!



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

必殺!THE HISSATSU


必殺! THE HISSATSU [DVD]




藤田まことさん追悼の意をこめて
必殺仕事人 の映画第1弾を観た。

なんか…とっても懐かしかった。
1984年の作品。
みんな若い!(笑)
結構亡くなっている出演者も多いような気もしました。

約2時間の上映時間だった。
やっぱりTVのスペシャル版のようでした。
話も2つの話を
なんとか無理やりくっつけた感じ。

それでも、やっぱり殺しのテクニックは見せます。。。


最後に追っ手から逃げるときに
ある乗り物に乗るのですが…
ありえない乗り物に乗ってます。

あちら こちらに 笑いのネタが仕込んであって
見方によっては楽しいかも。






なんだかんだ言っても・・・・













やっぱり 中村主水イイ!!


ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

ハンサム★スーツ


ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]


さて、このところ 韓国映画が続きましたので
ここらで日本映画で一息(?)。

やっぱ 明るい映画はいいね。
映像も明るい色を基調としているので
全体的にPOPな雰囲気だし…。
BGMは 80's Japanese Pops が中心だしネ。
30代後半から40代くらいの人は
かなり嬉しくなっちゃうかも!

北川景子が可愛いね。
実写版セーラームーンのセーラーマーズの頃から
いいな…と思ってたんだよね。

でもサ。。。
可愛くて、美人で、性格もいいなんて
出来すぎてて、ちょっとネ
(・_・;)


前向きな気持ちになれる作品でした。






ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

オールド・ボーイ


オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]


しんちゃんの薦めもあったんで
観てみました。

この映画もかなり話題になりましたよネ。
でもバイオレンス・アクションなので
やっぱり私の苦手な分野の映画なんですよネ。
そして、これもまた R-15
こんなきっかけでもなけらば
きっと観なかっただろうなぁ(笑)

原作がしっかりしていたのか
かなり練られているストーリーでした。
観ていてハラハラ…
そして謎が解けたら
うぅ〜む そんなってんだぁ と納得。

アクションシーンもなかなか。
廊下でトンカチ(?)を持っての格闘シーンは
「痛い」「痛い」と思いながらも
見ごたえ十分。

でも、やっぱり残虐なシーンがあって
思わず目を伏せるところもシバシバ。
オイオイ、字幕が読めないじゃないかと思い
戻って、早送りで観てみたり。。。
そこまでしなくてもねぇ…。

『親切なクムジャさん』より
この作品の方が見ごたえがありました。


最後に・・・


口は災いのもと

気をつけるべし!








ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

親切なクムジャさん


親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]


調子に乗って 韓国映画をもう1本
『猟奇的な彼女』がなかなかよかったんで
ちょっと違ったジャンルのモノを選んでみました。

この映画も結構話題になったんだよね。
でも、興味がなかったんで予備知識全くなし。
作品解説をみると…
なんとなくサスペンスみたいなんだよね。
ただ…気になったのは R-15


やっぱり、R-15作品でした。
復讐劇なんだけど
サスペンス というより ホラーっぽい。
ここまでヤルんかぁ…
倫理的にどうなのだろう?
非道徳な事があるから
憎悪の念が募るのもわかるんだけど・・・
年齢の規制がかかるのもわかる。

こりゃ 観る人が観れば、おもしろいのかもしれない
好評価なのもわかる気がするが
私はちょっとひいてしまった。。。。



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

猟奇的な彼女


猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 [DVD]


正直言うと・・・
アジアン映画が苦手です。
小学生の時にジャッキー・チェンのカンフーモノを観て
言葉に違和感を感じて以来
あえて避けていたところがあります。

この作品も話題になっていたので
気になっていたのですが
今のいままで観てはいなかった。

ひかりTVでビデオ見放題になったのをきっかけに
観てみました。


いやぁ〜 なかなかよかったっス。
2時間を超える長さでありながら
その長さが感じなかった。

単純なコメディー映画だと思っていたら
アクションあり、シリアスあり
いろんな要素が盛り込まれてありながらも
ストーリーはしっかりしていた。
ラストにつながる最初の部分の伏線に
思わず納得してしまいました。
彼女の猟奇的過ぎる部分は…どうかと思いますが
ヒロインのチョン・ジヒョンが
めっちゃ可愛いです。

たまには韓国映画もいいもんです。




ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]


話題作だったんで見たいと思っていたんだよね。
いやぁ 長い作品でした。
原作も読んでないし
日本語字幕だったんで
結局
なんだか よくわかんなかった。。。。
(+o+)

謎解きがスピーディーだよネ。
全ての謎を解き明かすまで
2〜3日だったんじゃなかった?
なんか 皆さん不眠不休のような感じがしたんだけど
誰一人お疲れな人はいない気がした。

ありゃ? そんなこと気にしちゃいけなかったかな?


日本語吹き替えで、もう一回見なきゃわかんないかも…
それより原作を読んだ方がいいんだよね。。。




ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 19:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

レッスン!

レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉) [DVD]

久々の映画ネタであります。

タイトルだけ聞くと
なぜかエロ映画(?)に思ってしまうのは
私だけでしょうか?(笑)

内容は全くエロくはありません。

例えるなら
社交ダンスのスクールウォーズ
という感じでしょうか。

熱い熱いラテン男 アントニオ・バンデラスが
社交ダンスの先生を熱く演じてます。

ストーリーは至ってシンプルで
意外な展開はなし!
非常にわかりやすい。

音楽とダンスいっぱいの映画です。


人によっては物足りなさを感じるかもしれないが
個人的には好きな作品です。



ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

天使の卵

スカパーで これまたなんとなく
観てしまいました。

天使の卵 通常版 [DVD]

<あらすじ>
美大を目指し浪人中の19歳の歩太と
大学生の夏姫はつき合っていた。
だがある日
歩太は満員電車で出会った美しい女性に一目惚れする。
数日後に彼が精神病院に入院中の父を見舞いに行くと
その女性が父の新しい主治医として現れる。
しかも、彼女は夏姫の8歳年上の姉だと分かり……。
                 ※Yahoo!映画より抜粋



とても純なラブストーリーで
とても悲しいお話です。

おもわず この私も泣いてしまいました







・・・なんだけど…サっ!


ちょっとありえなくないかぁ…

町で見かけた一目惚れの女性が
つきあっていた彼女の姉で
しかも父親の主治医。

偶然が重なる・・・運命…ってことなのか???

一目惚れの彼女の旦那が死んでいて(自殺)
父親も死んで(自殺)
最後には一目惚れの彼女も死んで(自殺じゃないけど)・・・

あ〜ら みんな死んじゃうのネ。。。。

違う展開があってもいいんじゃないかと
冷静になってから思った。



小西真奈美 いいよネ〜
主人公が画を描く人だから
主人公目線の映像のときに
デッサン調のからだんだん実写に移っていくのが
ぴったりあっているんだヨネ。

市原隼人も役にあってました。
聡明で、まっすぐな青年な感じがしました。



深く考えないでピュアなラブストーリーで
泣きたい方にお勧めです。





ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

バッシング

特に観たいと思ったわけではないが
なんとなく観てしまった。

バッシング [DVD]

スカパーで放映してましたヨ


<あらすじ>
高井有子は中東の国でボランティア活動をしていた際
武装グループに拉致監禁されたが無事解放され帰国する。
北海道に戻ってからも彼女は毎日
“世間”から激しいバッシングを受け
ある日突然アルバイト先のホテルの支配人にも
クビを宣告される。
ついには父親まで勤務先に退職を強要され……。
                 ※Yahoo!映画 より抜粋



今回はネタばれがかなりあります。すみません。。。



実際にあった事件を背景に描かれている作品。
フィクションなのか ノンフィクションなのか…。
ドキュメントのような作りだった。

「なんで こんなご時世に危ない中東へボランティアに行く」

当時そんなことを私も思ってました。
それだけに主人公をとりまく周りの人たちの
主人公に対する感情が多少理解できた。

…が、そこまでするか…って思う程
主人公は嫌がらせを受けます。
そんなに世の中って冷たいものなのだろうか…。

でも、主人公もなかなかふてぶてしいものがあります。
一生懸命 自分のしたことを正当化しようとするのですが
なんかそれが私には自己中心的にみえて
仕方がありませんでした。


最後は自殺した父親の保険金で
また海外のボランティアにでかける主人公。

逃げるしか道はなかったのか…?
前向きなとらえ方をすれば
主人公の再起をかけた旅立ちのようにも見えるが
やっぱり身勝手な行動に思えて
「なんだかなぁ〜」
とっても嫌なくらぁ〜い(暗い)気分になった。

もう2度とこの作品は観ないだろう…。



ただ気になったのは
この主人公のモデルになった女性は
今、どこで どうしていて
この作品をどういう気持ちで観たのか
ということだった。




今回の作品はあまりお勧めいたしません。









ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

クワイエットルームにようこそ

今回はDVDで観たのではなく
スカパーで放映していたのを観ました。

クワイエットルームにようこそ
http://www.quietroom-movie.com/

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]


ホントは主演の内田有紀が嫌いだったりするのですが
監督・原作・脚本が松尾スズキだったので
ついつい観てしまった。

…とは言え……

どうせ ドタバタのコメディーだろっ…




なんて思って観てましたが

侮れない



確かに舞台が精神科の閉鎖病棟だけに
登場人物たちは変わった人というか
変人というか 狂人というか
まぁ 要するに『精神が病んでいる人』なわけで
かなり奇妙であります。

おもしろいんだけど 素直に笑えない。


病棟のおもしろネタで終わってしまうのかと思いきや

後半になかなか重い話になります。
この部分が意外にズドーンと考えさせられちゃいました。


ラストは一応前向きな終わり方です。
ただ私にはあんまり明るくは感じなかったなぁ…。

観る人によって解釈が違ってくるんだろうなぁ〜。
単純そうで難しい作品だと私は思いましたよ。


さてさて出演者でありますが…
大竹しのぶ妻夫木聡は ハジケまくってます。

よ〜く観ていると
庵野秀明 や 俵万智 が出てきてビックリした。

私のツボは筒井真理子の入院患者の役。
こんな人がこんな役を!という感じでした。


予想外にいろんな意味でおもしろい作品だと思った。

・・・ただ・・・


『精神科』を扱っているだけに
少々重くて、素直に笑えない分
DVDソフトを買って手元に置いておきたいとは思えなかった。


しかし!

途中までしか観ていなかった『恋の門』を
http://www.koinomon.com/
恋の門 スペシャル・エディション (初回限定版) [DVD]
しっかり観てみたいと思っている Mondo なのであります。







ブログランキングに参加中
ご協力 感謝いたします
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

虎太郎と小梅のサイト
虎梅さいと

こちらもヨロシク





posted by Mondo at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。